ヒュウガトウキ お茶

古来からの「神の草」と呼ばれてきたヒュウガトウキ(日本山人参)

 

古くから「神の草」と呼ばれ、健康食材として珍重されてた
ヒュウガトウキ(日本山人参)が注目されています。

 

ヒュウガトウキは宮崎県高千穂地方に棲息するセリ科の植物。

 

大地からの栄養吸収力が強く、豊富な健康成分が含まれているとして、次のような悩みを
持たれている方の間で話題となっています。

 

血圧が高くて悩んでいる
血糖値が高くて悩んでいる
肝機能の数値が悪い
更年期障害で悩んでいる
・体の冷えがつらい
花粉症がつらい
・食事制限がつらい
・運動が続かない
・健康診断が怖い

 

健康に不安のある方、ご自分の健康を気遣う方に特にオススメのヒュウガトウキ。

 

お茶やサプリメントで手軽に毎日飲めて、健やかな生活を送れると評判です。

 

以下では、数あるヒョウガトウキ健康食品の中でとくに人気の2商品を紹介しています。

 

ヒュウガトウキの健康成分を効果的に摂れるお茶とサプリ

 
神の草 ヒュウガトウキ

神の草 ヒュウガトウキ

健康茶にありがちな苦味がないので続けられる
お茶とサプリで提供されているヒュウガトウキ。契約農家で完全無農薬栽培されたヒュウガトウキを使っています。特徴はお茶にハーブティーで使われるグリーンルイボスとレモングラス配合し、「美味しさに」こだわっているところ。
さっぱりとした味わいで、健康茶にありがちな苦味や独特の風味がないので続けられると評判です。価格が手ごろなのも嬉しいところです。
オススメ度:

 


 

 

 

ヒュウガトウキEX

ヒュウガトウキEX

ヒュウガトウキをサプリで手軽に
ヒュウガトウキの健康成分を凝縮したサプリメント。
サプリなので飲みやすく持ち運びが便利なのが特徴。ヒュウガトウキの持つ「体ポカポカ」「サラサラ習慣」「毎朝スッキリ」成分を手軽に摂り入れます。初回半額でお試しができます。
オススメ度:

 


 

 

ヒュウガトウキとは〜その生態と歴史

 

ヒュウガトウキはセリ科の多年草で、薬草として江戸時代から用いられてきました。

 

生態と歴史ですが、この植物はもともと「日本山人参」と呼ばれ、高麗人参の親戚と考えられていました。

 

その後に高麗人参とは科も異なるまったくの別種であると分かったという歴史的経緯があります。

 

このことから分かるように、ヒュウガトウキの生態は高麗人参と近いものがあり、険しい山中に生育し、しかも日陰で養分の少ない土壌を好みます。

 

そのため生育するには少なくとも3年はかかります。歴史的にはヒュウガトウキは江戸時代から主に九州地方で民間薬として珍重され、神の薬とも呼ばれててきましたが、栽培化されるにいたったのは昭和に入ってからです。

 

このような生態と歴史から分かるように、ヒュウガトウキは歴史がありながらも大量生産が難しい貴重な民間薬と言えます。

 

外観的な特徴としては、かつてその親戚と誤解されていたことからも分かるように、根の形状が高麗人参に酷似しています。

 

つまり、太く枝分かれした褐色の根を持っているということです。

 

ただし葉の形状は異なっており、高麗人参が大型の丸っこい葉を持つのに対し、ヒュウガトウキは同じセリ科のニンジンと同じく、小型の細い葉を持ちます。

 

その他高麗人参と異なる特徴として、高麗人参に血圧を上げる作用があるのに対し、ヒュウガトウキには血圧を下げる作用があります。

 

ヒュウガトウキの効能の成分

 

日本山人参はヒュウガトウキとイヌトウキに2種類があり、薬用として効果があるヒュウガトウキが注目をされ、神の草とも呼ばれ古くから珍重されていました。

 

効果・効能には血圧安定化作用や動脈硬化防止作用、血糖降下作用などその他にも様々な効能があり、ヒュウガトウキの根に含まれている有効成分が様々な症状に効きます。

 

最近ではヒュウガトウキのお茶が販売されており、食生活が乱れがちなかたや食生活で塩分や糖分を多くとっている方などにお勧めで、血流を良くする効果がありますので高血圧の方などに効果的で、血液がサラサラになりますので動脈硬化の防止にも効果があるといわれています。

 

糖尿病には1型と2型があるのですが、ヒュウガトウキの成分が2型の糖尿病に効果があるとされており、ヒュウガトウキを身体に取り入れることによってインシュリンの糖代謝が高める効果が得られますので、血糖降下の作用が認められています。

 

その他にもノルアドレナリンの作用を抑制する効果がありますので、過緊張からくる肩こりや頭痛が改善され、ノルアドレナリンが抑制されることで血管が開き、血流が活発になり、代謝も活発になりますので、冷え性や低血圧も軽減されると言われています。

 
更新履歴